西公園について

ホーム>西公園について

西公園について

西公園

西公園は福岡市のほぼ中央に位置し、古くは「荒津山」と呼ばれました。博多湾に突き出た面積約17万平方メートルの丘陵地で、福岡市内、博多湾、志賀島を一望できます。明治14年に自然の丘陵と眺望、渓谷を活かした公園として整備され、その後マツ・シイ・カシなどの自然林にサクラ・ツツジ等を植栽して風致公園となりました。春は「 さくら名所100選」にも選ばれた約1,300本のサクラが咲き、秋にはモミジ、イチョウ等が色づく、都心とは思えないほどしっとりとした散策路を有する県民憩いの公園です。

※この公園の敷地の約6割は、国からの無償貸付を受けています。

西公園の概要

【自然樹林】

西公園は周遊道路の外側、特に西側半分は自然な樹林が残されています。マツ・シイ・カシの自然な樹林は、市街地にあって自然林を満喫できる安らぎの場所です。

【サクラ・ツツジ・モミジ】

春はサクラ・ツツジ、秋はモミジと落ち葉の季節感を味わえる、趣のある散策路です。

【公園施設】

園路・展望所・広場・パーゴラ・舞鶴館(有料)・児童コーナー

西公園の沿革

黒田長政の福岡移封と同時に、この地に東照権現を守護神として祭られてより、霊山として知られた景勝の地でした。 明治14年太政官布告に基づき、官に上申して公園地となったもので、初めは荒津山公園と称していました。 明治18年園地を開拓して、サクラ・モミジ等を植裁して、明治33年西公園と名称を改めると共に、県の管理となりました。

ページトップ